SAVE the KUMAMOTO

平成28年4月14日に熊本地震が発生し、多くの方が被災され、現在も捜索活動などが行われています。

東日本大震災からまる5年が経過し、これから東北の更なる復興の為に東北の方々、また日本中の方々が力を合わせて前進している最中に起こった今回の地震で、日本中が本当に衝撃を受けました。

福岡に住む私たち職員の中でも熊本にゆかりのある職員も多く、本当に胸が痛む想いでいっぱいです。

 

余震が長期化し恐怖に怯え…

住まいである家屋も倒壊…

交通ルートも限られ…

ライフラインも復旧に時間がかかり…

物資も少ない…

 

そういう過酷な状況が続く中、被災された方々は強い眼差しで、既に前を向き歩き始められています。

日本全国からも多くの支援物資が想いと一緒に届けられ、日本中が熊本復興の為に動き始めました。

能古清和園としても微力ながら支援に協力できればと思い、

能古校区社会福祉施設合同で支援物資を、本日、福岡市中央区の大名小学校にお届けました。

image

これで終わりではなく、これから…

私たちにできることから復興支援をスタートしていきたいと考えています。

 

熊本地震において亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈りし、

被災された皆様、つらい体験をされた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。